Crystal Yacht Cruise

クリスタル・ヨット・クルーズ

クリスタル・クルーズ、「コンデナスト・トラベラー」誌において通算24回目の第1位を獲得

2017年の「中型船クルーズ部門」読者投票において再びトップに

このたびクリスタル・クルーズは、「コンデナスト・トラベラー」誌の読者により、再び世界最高の中型船クルーズ・ラインとして選出され、通算24回目となる史上最高の名誉を獲得しました。

同誌の2017年におけるリーダーズ・チョイス・アワードでは、300,000人以上の読者により、7,000以上のホテル、500のクルーズ船、600以上の都市、そして200以上の島々に対する投票がなされ、そのうち1,400以上が世界最高レベルとして選出されました。「毎年実施される『リーダーズ・チョイス・アワード』は、旅行分野における最高水準の指標となるものであり、『コンデナスト・トラベラー』誌の読者からこの栄誉を受けることを誇りに思っています」とクリスタル・クルーズ社のトム・ウォーバー社長兼CEOは述べています。「クリスタルは創業以来、ラグジュアリー・トラベラーからのフィードバックやご意見を真摯に受け止めてきました。このような高い評価の獲得は、お客様の期待を上回るサービスを提供するという当社のコミットメントが、引き続きお客様のお考えと共鳴していることの証しとなるものです。」今回クリスタル・クルーズが獲得した92.20という得点は、宿泊施設、サービス、食事、アクティビティ、デザインといった選出基準によりファイナリストとしてノミネートされた12のクルーズ・ラインの中でトップを飾るものとなりました。

クリスタルの名高いオーシャン・シップであるクリスタル・シンフォニー、およびクリスタル・セレニティは、両船が誇るエレガントで広々としたパブリックエリア、豪華なラウンジと劇場、贅沢な客室(その多くが専用ベランダ付き)、そしてマスターシェフ松久信幸の現代的手法による特製料理といった特色により、ラグジュアリー・クルーズ界の旗手となってきました。最先端のラグジュアリーを引き続き提供すべく、両船は、それぞれの歴史において最も大規模なドライドック計画の最中にあります。クリスタル・シンフォニーは既にドライドックを終了し、クリスタル・セレニティについては2018年秋を予定しています。クリスタル・クルーズのイノベーションは、同社がラグジュアリー・トラベルの歴史において最も躍進的なブランド展開に着手した2015年に一層の飛躍を遂げました。

現在、同社の成長ポートフォリオは、クリスタル・クルーズ、クリスタル・リバー・クルーズ、クリスタル・ヨット・エクスペディション・クルーズ、クリスタル・ラグジュアリー・エアおよびクリスタル・エア・クルーズで構成され、今後5年間に新造船が予定されています。クリスタル・クルーズ社は、これらの事業全体を通じ、すべてのブランドにおいて最高水準の贅沢なサービスを提供するという姿勢を維持しています。ラグジュアリーな旅のカスタマイズを可能にする豊富なショアー・エクスカーションと共に、クリスタル・クルーズのサービス、空間およびアメニティは、数十年にわたり同社の信条を形作ってきました。クリスタル・クルーズは、海、川、陸、空のいずれにおいても、世界のラグジュアリー・トラベルに関する定義を新たにしてきました。27年に及ぶ卓越性を誇るクリスタル・クルーズは、今回の賞を含め、世界で最も多くの賞を獲得してきたラグジュアリー・クルーズ・ラインです。

今後も引き続きクリスタル・クルーズをご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。